幻のねこさん(3)

昨日の続きです。

 

そのねこさん、

5、6回そんなシッティングをさせていただいて

 

また、ご依頼をいただきました。

 

同じように、ご訪問

 

お会いできないつもりで、

一応のぞいてみるお部屋

 

あれ!あれは猫では!

!!!

 

ベットの上の布団の影

ちらっとお耳と額が見えている、確かに!

 

しばし止まってしまいましたが

ささっと撮影。

 

きっと、隠れ損ねてしまったのだろう

隠れられるように離れて、、、

 

そして覗くと、あれ?隠れない。

こちらを見ているお目目が。

怒ってるのかな?うーうー言ってる?

 

いいえ、聞こえません。

 

 

それ以降のシッティングも、

そのお部屋から出ようとはされませんが

 

途中、姿勢が変わっていたり

 

元通りのお姿なしの日があったり

 

入室時と退室時の写真を見比べてみると、

同じ写真?と思うほど、ほとんど動いていなかったり

 

いろいろ。

 

 

お客様とご相談してみた結果

(「遊びにお誘いしてみましょうか?」と)

 

「今まで通りでいいです。

写真が撮れて送ってもらえると安心できるので、

それはすごくありがたいです。」

 

と、仰ってくださいました。

 

地味なシッティングかもしれませんが

このねこさんとの関係はこんな形

 

ねこさんも

決して嬉しくはないかもしれないけど

 

あの人が来たら、ごはん出てるな

トイレきれいになるな

危険はないみたいだな

 

って、分かってくれたのかもしれません。

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode