安心してもらえるように

昨日、みんなでゴロゴロしていた時のこと

(みんなとは、モコ・つう・私です。)

 

つうがちょいちょいと、

私の手を押してきたので

 

おしくらまんじゅう。

 

自分から、やってきたのに

うぎゃ!っと、嫌がり始める。

 

「肉球さわらせろ〜、むにゅむにゅ。」

 

「嫌〜」かぷっ!

 

甘噛みですけどね。

 

つうは、まだまだ触らせてくれない範囲が

いっぱいあります。

お腹なんか、もちろんだめです。

 

これでも、だんだん広がりました。

いつの間にか、撫で撫で好きになったね。

 

私への安心度合い、バロメーターかなぁと

 

 

慣れもあるのではと、

 

嫌がられながらも

ちょっかい出しています。

 

しつこくは、しませんけどね。

 

「あれ?どうしたのかなぁ」

と、とぼけてます。

 

 


うちの子さんとの時間

先週末を挟んで、

立て込んでいたシッティング。

 

無事に終了いたしました。

事件なく終わってホッ。

 

シッティング

自分が満ちていないと、

後から後から不安が出てくる仕事。

 

休養が必要ですとばかりに、

帰ってきたら、ほとんど何もせず、

フワァァァ。

 

一番、煽りを食うのは

我が家のモコとつうです。

 

お留守番しなれている、モコつー。

普段から、勝手にやってくれているので

寂しいとかは、無いと思うのですが、、、

 

 

この頃、それぞれ

リクエストすることを、覚えたようです。

 

様子から、

勝手に私がそう思っているだけですが…

 

モコは、ブラッシング

つうは、遊び。

 

モコちゃんは、猫背で居住まい正しく

モジモジしています。

 

つうは、モコのブラッシングが終わると

近寄ってきて、ちょいちょいしたり

かわいいにゃーんを聞かせてくれたり。

 

何々?

(なんとなく、リクエストかな?)

 

ふと思ってやってみたら、

そうだったみたいで、

 

それがさっき、2回目のリピートでした。

 

ちょっとした合図なので、違うかもしれない。

めんどくさいなと、応えなくても

怒ったり嫌がらせしない、うちの子達でしょう。

 

もしかして…とやってみたら

2匹とも、しっかり満喫してくれました。

 

せっかくのチャンス。

特に、そういうことに地味なモコちゃんとは、貴重です。

 

こういうちょっとした機会が、

いい習慣に、つがなるかもしれません。

 

お世話に慣れてもらうのも

地味なことの繰り返しだなと、思います。

 

モコちゃんの歯磨き、続けよう〜。

 


ラバーブラシ

ブラッシングの話が続きます。

 

ラバーブラシのことは、忘れていました。

昨日と同じ写真です。
右がコーム
ピンクがラバーブラシ。

 

私が使っているコームは

私のキャットシッターの師である

南里秀子先生

 

大ベテランの先生が

「これが一番」と、ご自分のサイト「猫の森」のお買い物ページでも、販売されているコームで、

 

こればっかり使っていました。

 

・よく取れる。

・ブラッシング苦手な猫さんにも、受け入れられやすい。

・ステンレス製なので綺麗にする・消毒も簡単

 

などなど、

いいところだらけの道具なので。

 

ラバーブラシ

つうに使ったのことで思い出し

 

「モコにもやってみるか」と

軽い気持ちでスッスッ。

 

え?今、しっかりしたところなのに、

ワサワサ

 

軽いフワフワの毛、

コームで取れているのとは違う毛?が、

出てきているような…

 

とにかく、さっきいっぱい取れたのに

また、ワサワサ湧いてくる感じで

表面に出ているのです。

 

ひょー、おもしろ〜。

 

もともと、モコはあっという間に猫毛がたまるタイプの毛です。

 

猫毛フェルトの材料、ワサワサ。

 

せっせと、

ちょうどいい時期にブラッシングできたおかげか

 

モコの手触りが夏毛の感触、

ややパリッとシャープになりました。

 

 

★それぞれの購入先

(買わなくても、役に立つことが載ってます。)

 

コーム

ラバーブラシ購入先

 

どちらも、

「ブラッシング嫌いの子にも、好まれやすい」と、あります。


急にブラッシングに慣れてきた「つう」(2)

モコちゃんは、ブラッシングさせ放題。

 

最近は抜け毛のピークのようなので

時間のある日だと、一日2回の日も。

 

モコちゃんにブラッシングをしていると

つうが、ちょっと離れてところでジッとしています。

 

どうしたのかな?

なんとなく、つうの様子は不自然。

モジモジ…。

 

もしかして、ブラッシング待ってるの?

 

モコが終わって、

「さぁ、つっちゃんやろうね。」

 

最初は、落ち着きなかったですが、

今までになくジッとして、

「やってもらってる」様子です。

 

動かないで大人しいまま、

結構できました。

コームもできました。

 

一応、「ブラッシングした」と

言えるぐらい。

 

急展開に、こっちがビックリです。

 

その後、

毎回こんなにうまくはいっていませんが

 

つい最近まで、

がっかりしていたことから比べれば

ガッツポーズです。

 

つっちゃんのおかげで

ラバーブラシのことを思い出し

 

これがまたビックリ!

新発見がありました。

 

このところ大活躍の道具達。
熊手みたいなのは、ブラシ掃除のための道具。

急にブラッシングに慣れてきた「つう」(1)

また、換毛期の話題です。

 

「つう」

ブラッシング全然できないので

 

よく飼育書に書いてある

「子猫のうちに慣らしましょう。」に、

失敗したのかなぁ、、、と、

憂鬱にしていました。

 

今、1歳3ヶ月。

「本」的には、もう子猫は終わっています。

(実際とは別)

 

ブラシで遊んでしまう。

 

お知り合いの、つうより数ヶ月お兄さん猫さん

ちゃんとブラッシングしてもらっているお写真

聞いてみたら

 

「最初は同じく嫌がりました。ラバーブラシを使ってみたら、良かったよ。」

 

とのことなので

 

ブラシ(うちのはコーム)でちょいちょい遊ばせて気をそらし

ラバーブラシでブラッシング

 

最初から欲張らないで、背中を数回でもできればよし

(慣れてもらうことが第一。)

嫌そうにし始めたら、すぐやめる。

 

これで、やり始めました。

 

すると、今までよりいい感じ。

しめしめ…

 

と思っていた矢先!

 

ほんの2、3日後です。

 

あれ?もう慣れたの?

 

嬉しい兆し。

 

このタイプのベッドの違う使い方。押しつぶされて、ソファ化しています。
正統は、中に入るのだよ。

 


| 1/14PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode