エアコンフィルターの掃除

昨日から明後日にかけて

気温が30度を超えるとのことで

慌てて、エアコンフィルターの掃除をやりました。

 

お留守番しているモコとつうのために、

点けていくからです。

 

わたしの掃除の仕方は、掃除機です。

 

うっかり破ってしまうと大変なので

慎重に丁寧に外し、

紙の上に広げてブーンブーン。

 

うちの掃除機はマキタです。

 

最初の1回目は

弱い方の吸い込みで、十分でした。

 

吸い込み口に溜まった埃の塊を手で取って

もう一回隅っこから、丁寧にかけておしまい。

 

エアコン本体の、

フィルターを戻すところも掃除機

 

あれ?どう入っていたんだっけ?

となってもいいように、片方ずつ。

 

リモコンの電池も変えて

タイマーの試運転をして

 

すべて異常なし。

 

今年も頑張ってや、頼むで。

 

アクロバティックに、アローグルーミング

近況(片付けを中心に)

週末は、シッティング

新規の方とのお打ち合わせ以外は

片付けをやっていました。

 

今年のお花見は、わざわざ行かず

シッティングの移動の合間に見えた

道すがらの桜で。

 

今年は長く、保ったというか

楽しめた感じですね。

 

片付けが進んで、

部屋がより快適になりました。

うちに帰ると、とても充電されます。

 

 

今まで、いらない物を

減らしていく作業が中心でしたが

 

物の位置を決める段階に

中心が移ってきました。

 

これが、楽しいんです。

一旦決めて、また見直して

納めるところにもう少し余裕が欲しいから

再度、いらない物を選んでみたり。

 

うまく収まると、

「あれ?

なんでこんなに空いちゃったの?」

と、我ながらびっくりするぐらい

 

ケースがまるごと空いたり

押入れの一角が空いたり

 

収めることが、こんなに楽しいとは

 

そして、これはあくまで私の感覚ですが

 

片付けが進んでくると

 

もの同士が仲良くしあって、

そのおかげで部屋が落ち着いている

 

そんな感じがしてきました。

 

お住いの環境が良くなることは

自分の心身の健やかさに、

大きく働きかけます。

 

ということは、

おうちのねこさんにも、もちろんです。

私たちの存在が

ねこたちにとっては環境の一部です。

 

今のおうちの状態が気になっている方

ぜひ、始めてみませんか。

 

 

リラック〜ス♪

 

 

 


ものが減ると、ていねいになるようです

この週末は寒が戻ってしまいましたが

 

もう着ないだろうというニット類を

洗い始めました。

 

シーズン中はサボってしまった

ブラシがけから。

つっこが興味いっぱいで、見ています。

うちのにゃん達は

本当に真剣にやっていることの邪魔は

意外にしなくて

 

一生懸命、片付けや掃除をしていると

横で見ています。

 

話を戻して

 

例年よりニットものの総数が減ったから?

いちいち作業が楽しいです。

 

去年までと比較して分かる、自分の気持ち。

 

やりたいからやっていたことだけど

今より、「やんなきゃ!」と、疲れていました。

 

私の場合は、数が多いと嫌になってしまう性格のようです。

好きなものでもいっぱいあると、ときめかなくなる。

(やっかいな性格。)

 

ということは、解決策は単純。

数を減らせば良いのです。

 

今年いちいち楽しいのは、きっと総数が減ったから。

 

片付けだして、特にこのところご機嫌です。

 

猫達の健康への影響として

一番大切なのは、猫にとっての環境

お家の状態です。

家族の機嫌も、もちろん含みます。

 

きっと、我が家の雰囲気は、良くなっていることでしょう。

 

片付けに関心が向いている方には

ぜひ!お勧めしたいです。

 

と、最後は、最近の記事の

「ときめき(spark joy)、片付けは猫のため」

の続きに落ち着いた

 

今日のブログでした。

 


断捨離とこんまり

早速読んでみましたよ。

「人生がときめく片づけの魔法」

→★

 

「物を捨てる」となると

 

いる?いらない?とか

また使うかもよ?とか

 

「頭で考える」印象でしたが

 

「ときめく」かどうか

それも、触ってみて!

 

五感を使うのが新鮮、納得、面白い

 

 

断捨離も「今の自分の快適さ」を

基準にしたり

 

空間としての美しさとか

一枚の絵のように、とか

 

頭で考える方には否定的。

 

「ときめくものだけに囲まれている生活」

(こんまり)

 

「自分のお気に入りだけがある空間」

(断捨離)

 

他にも、共通してると思ったことが

いくつも。

 

「片付ける、ものと向き合うとは

自分と向き合うこと。

 

「自分のことが分かる」

 

決断の練習

 

人生が変わる

 

捨てても困らないものの例も

共通しているものが、多々。

 

これを、本当〜?と思うのも自由。

 

とにかくやってみるか!も自由。

 

片付けのいいところは

自分の家で、お金をつぎ込まずにできる

 

のめり込みすぎても被害は、「

捨て過ぎちゃったかしら?」

と、自分の範囲で済む程度。

 

 

そんな上手い話ないかな、、、

でも、あるかも?♪

 

ぐらいの気楽な気持ちで

さらに捨ててみます!


こんまりさん(片付けコンサルタント)

今朝のラジオから

「近藤 麻理恵」さんのことが

流れました。

 

アメリカ在住で、

今、最も知られている日本人だろう

 

Kondouが「片付ける」

という意味の動詞に、なっている

 

ときめくは「spark joy」と、

訳されている

 

(「ときめくものだけを残す」

んだそうです。)

 

「残す」方を主体に考える(かな?)

 

「ものに感謝して捨てる」が、

アメリカ人に喜ばれている

 

日本的な考えみたいだけど、

受け入れられているんですね

 

などなど

 

へぇ〜と、私の気持ちに止まったことを

あげてみました。

 

 

断捨離といい、

片づけは、多くの人の関心を引くんですね。

 

せっかくだから、読んでみようと思います。

 

「人生がときめく片づけの魔法」

 

ちょうど改訂版が、出たところみたい。

 

「こんまりのことは知っているけど、本は読んだことがなかった」

「こんまりメソッドは試したことがあるけど、自己流でした」

という方に、

ぜひお手に取っていただきたいな、と思います。

こんまりさんのオフィシャルブログより

 


| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode